髪染めに関する情報が満載!

髪染めどうしてる?

自宅などで髪染めを行う際のコツについて

美容室などではなく、自宅で髪染めを行う方も大勢います。
お洒落用としてヘアカラーを用いる方や、白髪が目立ってしまっている方ならば、白髪染めを行う場面も見られます。
一般的にはクリームタイプや液状タイプ、現在ではジェルタイプなどの染髪剤が販売されていて、ホームセンターやドラッグストアなどでも購入できます。
どのタイプであっても使用する際にはコツというものがあり、手順をしっかりと見極めて使ってみることがおすすめです。
まずは、準備として染髪剤を使える状態に施すことが必要です。
クリーム状のものであれば、1剤と2剤を混ぜ合わせることになり、付属しているブラシなどを用いて素早く混ぜることが必要です。
その後は速やかに染めることになりますが、最初に必要なことは手の届きにくい場所から髪染めを行う方法です。
耳の周囲や後ろ側などを中心として塗り広げていく方法になり、最後に前髪や上の部分、両サイドなどを染めていくと、スムーズに全体を綺麗な状態に仕上げることができます。
最終的には付属しているコームなどを使って、髪の毛全体を梳かす方法でムラの発生しない染髪を行うことができます。
待機時間に関しては利用している染髪剤の使用方法を守ることも大切になり、頭皮を傷めないように配慮することが必要です。

きれいに髪染めするコツ

市販のカラーリング剤を使って自分で髪染めをするとき、色ムラと髪の傷みが気になるところです。
ダメージを軽減し、きれいに髪を染めるにはいくつかコツがあります。
まず、色の選び方ですが、黒髪の場合は好きな色を選んでかまわないのですが、すでに髪染めをしている場合は今の髪色に近いものを選びます。
髪の根元の黒い部分だけを染めたい場合でも、全体を染めなおしたほうがキレイに仕上がります。
染める前に髪を洗って、しっかりと乾かしましょう。
入浴中に染めるのはおすすめできません。
湿気が多いと染まりにくくなってしまいます。
また、寒すぎても熱すぎても色ムラのもとになりますから、だいたい20~25℃に室温を調節しておきましょう。
髪をパートごとに束ねてブロッキングし、根本からまんべんなくカラーリング剤を塗布していきます。
塗布し終えたら、ラップで頭を包むと、髪が温まって染まりやすくなります。
また10分ごとに目の粗いクシで髪をとかして、薬剤がよくなじむようにします。
洗い流す前に髪をよくもみこんでカラーリング剤が白っぽくなるようにし、それから洗い流します。
洗い流したあとはトリートメントをつけてケアしましょう。
染めた日から数日のあいだは海やプールは避け、トリートメントを念入りにするなど髪が傷まないように気をつけましょう。

Favorite

リーブ21
http://www.mensholos.com/
リーブ21
http://www.kando-st.jp/
巻き爪 東京
http://ishiidotown.com/makitume/
電子定款 作成
http://mori-gyousei.com/
不動産担保
http://ryuplan-k.jp/
フィギュア 買取り
http://www.hobby-toy.com/
豊中市 歯医者
http://www.matsumoto-dentalclinic.jp/
結婚式のウェルカムボード
https://art-shinshu.com/

最終更新日:2016/6/9